ブンブンの陰謀

ここでは以下の仮説のもとに思考を展開します。 ブンブンは普通に政権交代したら自分が破滅することをよく理解している。 ブンブンは南北統一で歴史に名を残そうとしている。 よって、何が何でも統一して、金王朝の執権として延命したいと考えている。

カテゴリ: 南北統一

リベラル派が主題のフレーズを使って右派を批判する事はよくある事だ。ただ、私が思うにそのリベラル派も、ならず者と似たり寄ったりの存在にすぎない。
だいたい、仕事もプライベートも充実して、自分や自分の近くに大切な人が多数存在し、自分がそれらの人たちの中で重要な存在であると自他共に認めている人たちは、こんなブログは書かないし、読みもしないのではないか?
韓国のやり口をニュースで見て嫌悪感を持ったとしても、それを解決するのは政治家や外務官僚などプロの仕事だとリア充は考えるもの。
自分自身は医者であったり、経営者であったり、有能なビジネスマンであったり、それぞれの道でプロフェッショナルと自他共に認められているが、外交は自分のプロフェッショナリズムを活かせる領域ではなく、その道のプロに任せるのが最適であると考えるものだ。
バブル期などはそのような自己像を持つ人たちが日本にも溢れていた。入社間もない若手社員が自分たちを「ヤンエグ」などと称していたものだ。ヤンエグはヤングエグゼクティブから来た造語だが、外資金融機関でも係長くらいの社員にバイスプレジデントなどと名乗らせていた。バイスプレジデントをそのまま直訳すると副社長とも解釈することができてしまうのだ。ヒラの営業がクライアントエグゼクティブと自称したりもしていた記憶もある。
ただ、そのころは景気も良かったので仕事量も多く深夜までの残業は当たり前だったし、収入もそこそこあったので残業後に六本木で豪遊なんてザラにあることではあった。当然睡眠時間は極端に少なくなり、まあ、当時はブログなんてなかったが、外交問題など意識の中にまるで存在すらしなかったのだ。驚くことに、同じ頃に世界ではベルリンの壁が崩壊し、マルコス政権が倒れたり、ユーゴで内戦が起こったり、世界は今と同じくらいダイナミックに動いていたのに、日本の若者は自分のことにしか関心を示さなかったのである。当然、このようなセグメントは保守化し、ノンポリ化し、選挙にもいかなくなる。この当時は竹下政権から宮沢政権までスキャンダルはいくらでもあったが政権基盤が揺るぐような事はなかったのである。今の中国で農村部の貧困層が動員されて反日デモに行ったりするが、都市の中流層は国際関係などに全く関心がないのと似ている。
さて、今の日韓の状況はそれぞれどうか?
韓国では若年失業率が高止まりしていると聞く。この層全てをならず者と言ってしまうのは行き過ぎではあるが、それでも確かに他にすることもないので愛国に走る環境は揃っている。片や日本ではここ数年は大卒の就職率も持ち直しているものの、その上の世代は非正規雇用の中で、なかなか先が見通せないグループが多く、愛国の予備軍になっているのではないか。
しかも、両国に共通することだが、20ー30代の層は幼少期からネット環境に馴染んでおり、ITリテラシーは極めて高い。様々な情報に接することが容易で、かつ、それらの情報から自分の「愛国」を補強する情報を選別する能力にも長けている。すなわち、非常に洗練され高度に理論武装された愛国グループになりやすいのだ。
こうなると、韓国では反日マスコミの誘導がなくとも、「愛国」自体が自己目的化し次から次へと自己増殖を繰り返してしまう。さらに韓国ではろうそくで味をしめてしまっているので、自分の「愛国」が否定されていると感じればすぐにでも過激な行動に移る可能性が高く、政権としても身動きができないのではないだろうか。もっともブンブンの政権も「反日」がツールではなく目的化しているので、これらの反日愛国グループと根幹が共通だ。韓国では若者のブンブン支持率がさほど高くないと聞くが、経済政策の失敗とともに、反日がまだまだ足りないと考えるグリグリの愛国反日グループのブンブン不支持の要因の一つではなかろうか。
このブログでも書き続けているが、日本から様々な制裁を課せば、彼らをさらに反日に追いやることになるだろう。私としては、ブンブンに対して、遺憾の意に留まらない激しい非難や国際社会での糺弾はすべきだと思うが、反日の愛国層をさらに先鋭化させるような制裁は実施しない方がいいと思う。VISA復活などは私は反対だ。人手不足にあえぐ日本の企業が韓国の若者を雇用することなどは私としては促進すべきだと考えている。それが、韓国若年層の反日愛国化にブレーキをかけ、ブンブンに懐疑の眼差しを向けるようになることを期待するのである。

最近韓国に対して厳しい意見が増えてきているがこれはブンブンの思う壺ではないかと考えるようになった。前大統領が投獄されているように、ブンブンも今の悪行を考えると退任後は間違いなく刑務所に繋がれるであろう。ブンブンが逮捕されることなく歴史に名を残すための戦略の1つとして今の反日攻勢が計画されているのではないかということがこの文章の主旨である。
この文章の展開はいくつかの仮説に基づいているのでまずはそれをはっきりさせておく必要がある。
まず、パンク国大統領の任期は5年。そして、再選は無い。今の経済状況、そしてそれが好転する兆しが見えないことからすると次の大統領は保守派から選ばれる可能性が高い。その場合、今、ブンブンがやっている積弊清算や過度の北への配慮を考えるに、軽くは職権濫用、最も重大な罪に問われるとしたら敵への利益誘導、これは日本でも死刑しかありえない重大な罪に問われる恐れがあるが、ブンブンはその辺りの認識は十分にあると見受けられる。二人の大統領に加えて、最高裁判事まで牢にぶち込むつもりなのだ。さらに米韓同盟を反故にしかねない北擁護や、レーダー照射事件で明らかになりつつある瀬取り支援など、次に成立するかもしれない保守政権がブンブンを抹殺しようとしたらネタは尽きるところすら無いのである。
ではどうする? パンク國における憲法改正のハードルは日本ほど高くは無いようだが、そのためには図抜けた支持率が必要になるが、今の経済状況では儚い夢でさえも無い。唯一すがる起死回生の一打が統一で、統一後の新憲法で自分の任期を適当に引き伸ばしてしまう方法だ。
そして、次の前提だ。ブンブンが統一教  (あのへんな宗教では無いが、それでもへんな宗教であることには変わりない!😃)  信者であることは衆目の一致するところであり、民族の統一という大命題とブンブンの個人的動機が完全に一致するのだ。こうなると、統一の方法とか体制とかは全て瑣末課題に矮小化され、ただ、統一のみがブンブンの中では唯一無二の達成目標となる。国体も違い、経済レベルも違い、衛生状態も教育内容も、民族と言語以外はまるで相容れないはずの二カ国だが、そんなことより統一の方が重要なのだ。
では、どうすれば統一できる?
答えは子供でもわかる。というか、子供ならわかる。
国境をただ単に開放して仕舞えばいいのだ。
多分、金王朝を君主か主席にして、ブンブンは執権か首相というイメージだと思うが、そんなことは後で考えればいい瑣末なことと思っているはずである。
さて、ブンブンが自己保身と狂信者としての目的ダブル成就のために国境開放を目論んでいるという前提をお話ししたが、在韓米軍が居座っている限り、そんなことはできない。その動きを検知された瞬間に、米軍のMPが関係者を一網打尽に逮捕してしまうであろう。ブンブンも朝鮮戦争において利敵行為を働いた容疑として米軍の捕囚となるわけだ。今でも、朝鮮戦争は休戦状態で終わってはいない。しかも、西側の最高権限は韓国軍ではなく米軍にあるのだ。先走りするが、私として一番いいのはそうなることだと思っている。
米軍は朝鮮戦争で数万人の死者を出し、16カ国の連合軍の長として今も遠い朝鮮半島で北と中共への睨みをきかせているのだ。ブンブンごときが多少気にくわなかろうが、その崇高な任務をやすやすと放棄するわけもなかろう。
米軍がそう簡単に出てってくれないことはブンブンだって承知だ。米軍が出ていくように、今、日本にしているような嫌がらせでもしようものなら、トランプはサムソンや現代の営業停止くらいの報復はいとも簡単にするだろう。統一教信者のブンブンとしては、別にサムソンが倒産してもどうでもいい事ではあるのだが、流石にすぐはまずい。米軍が出て行って国境を開放する前に自分の政権が臨終してしまっては元も子もないのだ。 なので、米国に対してはブチ切れられない程度の嫌がらせをしておけばいいと考えているようで、欧州での制裁緩和要請などは米国としてもブチ切れるというよりは不思議な生き物を眺めているような物であろう。
そこでだ。ブンブンがブチ切れさせたい相手。それが日本。慰安婦合意破棄、日韓協定違反、レーダー照射からの居直り事件。全て、意図的に日本をブチ切れさせたい戦略に則った個別戦術なのだ。
ブンブンからは今後も日本を刺激するネタを次々に出してくると予想するが、過去と未来の嫌がらせネタ全てに対して、ブンブンサイドから解決案が示されることは決して無いであろう。なぜならば、日本を激怒させるためだけのネタだからだ。そこには職業慰安婦や出稼ぎ労働者の人権などへの思いのかけらもない。それに騙されている韓国の若者はかわいそうを通り越して哀れですらある。
では、日本をブチ切れさせてどうさせたいのか?
日本から日韓協定の破棄を宣言させる。あるいは断交。これはブンブンにとって望外だ。こんなことしてもらえれば北との統一後になんの遠慮もなく好きなだけ毟り取れる。何しろ無理矢理統一後の経済はボロボロでも、核保有国として彼らの言う悪辣非道な戦犯国家と向き合えるのだ。しかも、その暁には後ろ盾は多分中国。ロシアかもしれないが。何百兆かむしり取るつもりなんだろう。まあ、それは先々のお楽しみとしても、日韓が協定破棄によって断行すれば在日米軍が後方で在韓米軍を支援することは難しくなる。集団自衛権も適用できなくなる。これは、米軍にとってもかなり厄介なはずで、在韓米軍撤退の一因ともなりうるのだ。なので、いくら歯がゆくても、こちらから協定破棄や断交と言ってはならないのだ。
VISA免除の停止措置や経済制裁。これも韓国経済にはそこそこの打撃にはなろうが、韓国の反日ナショナリズムを圧倒的に盛り上げてくれる。これはブンブンの無理筋対日嫌がらせを格段にやりやすくしてくれる効果絶大だ。すでにレーダー照射居直り事件で、パンク国政府の滅茶苦茶な発表でも信じる国民がいることが実証されているのだ。なので、中途半端にやるのは無意味。やるなら在韓米軍がいるうちにパンク國が経済破綻してブンブンが引きずる降ろされる確証を持って激しくやるしか無い。また、IMFに助けてもらえると思っているのかもしれないが、その時はIMFとも協調して、絶対救わないように手回ししなければならない。日本の出資率からすればできない話ではなかろう。債務超過でIMFも支援しないとすればハイパーインフレで国が滅茶苦茶になる。そうなって強引に国境開けられても、今度は北が迷惑だと言うだろう。でも、これは完全に経済戦争。日本がパンク国を完全に破滅させるという固い決心を持ってのみ実行しうる対応策なのだ。クネが恨みは1000年忘れないなどとほざいたが、現実、一般人でそんなことを言う人はいなかった。今度は全国民が死ぬまで日本を恨むことは必定だ。多分、安倍さんでもそこまではやりきれないだろう。
ではどうすればいいのだろうか?
我々は嫌悪感は感じていても彼ら全国民を半殺しにしたいと恨んでいるわけでは無い。滅茶苦茶なブンブンと政府、マスコミはヘドが出るほど気持ち悪く、できればご臨終いただきたいくらいだが、一般市民に対してはどうでも無い。むしろブンブンの進める陰謀が実現した暁に一番酷い目にあうのはパンク国民だ。反日教育で毒された彼らに対して、ブンブンの滅茶苦茶ぶりを徹底的に発信して、彼らの手でブンブンを引きずるおろし、クネの隣房に入れさせるのが一番いいのかもしれない。ロウソク使ってね。
日本人は断交とか叫ぶにではなく、パンク国民にも届くようにあらゆるところでブンブンの滅茶苦茶ぶりを宣伝することが吉と考えるのだ。
にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ